「環、遅れてゴメン、待った?」
「うん、待った。待ちくたびれた」
「え?そんなに遅れたかな?」
「四室さんに早く会いたくて、一時間も前に来ちゃった」
「そういうの、恋人に言いなよ」
「あははは」
「何を飲んでいるの?」
「何ていうカクテルだったかな?さっき、うしろの男に口説かれて奢らせてくれってさ。柑橘系でサッパリしてるし美味しいよ?」
「知らない人だろう?気を付けなよ?」
「平気だよ、慣れてる。俺にとってこれは日常」
「ったく、キミってヤツは……。神月に知れたら、いい気はしないと思うけどね?」
「それで嫉妬の一つもしてくれるなら上々だよ」
「……。マスター、こちらにも同じものをください」

……………………………………………………

「で、何かあった?環が俺を呼び出すなんて珍しいね」
「朝也が俺に隠し事してる」
「神月が?」
「様子がおかしいんだよ。俺、今、挿絵の仕事に掛かりきりで、朝也が休日に何をしているのかも判らなくてさ。度々どこかに電話しているみたいだけど、急に出掛けたと思ったら機嫌よく帰ってきたり、しかつめらしい顔でタブレットやカタログと睨めっこしていて、ロクに口も訊いてない……」
「…………ぁ、……」
「何?何か知ってるの?」
「……いや、環が忙しいから気を利かせているだけなんじゃないのか?」
「うそだ。四室さん、何か隠してる」
「神月のことで環が知らなくて俺が知っているなんてこと、あると思う?」
「ない、と思うけど……」
「気になるなら直接、本人に訊いてみればいいじゃないか。環の性格だとそうすると思ったけど、神月の事となるとキミは臆病だね」
「だって!残高……」
「残高?」
「たぶん、銀行の残高照会の画面だと思う。見ているの……見た。やっぱ、俺が帰国して転がり込んだの負担になっているのかな?あのカタログ、俺の部屋探しだったりして……」
「追い出されると思って訊くのが怖くなった?」
「……ぅ、……」
「可愛いトコが有るんだね。大丈夫だよ、そんなんじゃないから」
「やっぱり、何か知っているんだね。女?」
「それ、本気で言ってる?」
「だって、住宅情報誌っぽかった。俺が近づいたら隠してさ。後で見てやろうと思ったら、どこかに片付けて分からなかった。それに……、帰宅した朝也から何度か花の香りがした」
「いい鼻してるね」
「切実なのに~」
「不貞腐れるなよ、可愛すぎるから」
「四室さんには言われたくない」
「それ、どういう……」
「くそっ!絶対、女と会ってる。今夜こそ仕事片付けてベッドに誘ってやる!」
「声、大きいし……。そのために急がれる絵というのもどうなの?」
「仕事は疎かにしない、魂削ってんだから……。俺、帰る」
「納得した?」
「ゼッタイ、ナニカシッテルシムロサンガ『ダイジョウブ』ッテイウカラ、シンジルコトニスルー」
「抑揚つけてよ。嫌味だなぁ」
「……残る?」
「うん、折角だから少し呑んで帰るよ」
「そ。じゃ、また……」

艶夜

「ずっと、環と暮らしていくための準備とは考えないのかねぇ……?」

Bookmark