新しい年が始まりましたね。
「一年の計は元旦に有り」と言うけれど、年末に腰を痛めて壁伝いに歩いた宙水は大晦日の夜、恒例の紅白歌合戦~除夜の鐘ゴォーンを聴いて就寝。何と!怖い夢に魘されたのを主人に起こされ……これって、初夢になっちゃいます?(ショック!)
初日の出も見逃し、すっかり日が昇ってから富士山中継の録画で見ました💧
こんなパッとしない新年を迎えた宙水ですが、当サイトのほうはパッと花咲かせたいと思うので、たかみん共々、今年もAttic.&Attic.+を宜しくお願い申し上げます。

さて、実は水面下で企画倒れを連発していた宙水ですが……(Xmasも冬の湯けむり企画も間に合わず💦)140字SS名刺集のみ毎週更新しております。掌編小説より短い140~300字程度の物語を集めたものですが、特には更新のお知らせをしておりません。お手隙の際にでも、ふと思い出してお立ち寄り戴ければ幸いです。どうぞ、メニューより『OTHER WORKS』→『SS名刺集』の順で、お楽しみください🎶

今年はアグレッシブに執筆したいですねぇ……🖊
「Cry for the moon.」の更新がすっかり止まって心苦しいのに、今も読んでくださる方々がいて……(ありがとうございます♡)いえ、片時も忘れたことはないし、度々、俊平たちのことを考えているんですけどね?長く書き物を続けてきた間に、歳とともに自作に厳しくなる自分がいて、なのに頭は老朽化してww脳をポクポクやっている次第です。
先日は大阪で開催のメトロポリタン美術館展に出かけ、もとより絵画を見るのは好きなのですが、ニューヨーク仕込みの新進画家である「Cry for the moon.」の主人公、俊平も、きっとこの珠玉の名画たちに心躍らせたはず♪と、密かに舞い上がっていました。宙水はモネ目当てだったのですが、フェルメール、カラヴァッジョ、ルノワール、ゴッホにゴーギャン、名だたる画家の作品が次々と並び、約7割が日本初公開だそうです。中でも宙水が惹かれたのはギュスターヴ・クールベの「水浴する若い女性」と、やはり、モネの「睡蓮」……しばらく離れられない色彩の妙、最後の最後にもう一度、引き返して目に焼きつけてから、美術館を出たくらい素敵でした。
東京方面にお住いの方は、これからの開催ですね。……って、あらら、脱線しちゃった💦

えっと、結びましょうね……💦
あと半年ほどで今年、Attic.は5周年を迎えます。
たかみんと一緒に俊平たち4人の世界を楽しみつつ、宙水はもっと自分を信じる執筆を伸びやかにやっていきたい……それが、私の今年の抱負です。
頑張りますよ👍

Bookmark